腸内環境を整えて健やかなカラダづくり|体内浄化運動をしよう

女の人

冬太りを解消

身体

冬太りの原因

冬になると、なぜかいつもポッコリお腹になります。その原因のひとつに、寒さによる代謝機能の低下が考えられます。冬は体が冷えて、交感神経が優位になりやすい時期です。そうすると腸のぜん動運動が弱まり、便秘になりやすくなります。便秘になれば腸内環境が悪くなり、栄養とともに腸内の汚れや毒素なども体の中に吸収されます。そのために血液が汚れて、酸素や栄養などが毛細血管などを通過しづらくなり、代謝が低下してしまいます。つまり、体の冷えによる腸内環境の悪化が、太りやすい体にしてしまうのです。また、冬は交感神経が優位になることで血液やリンパの流れも悪くなるので、むくみも起こりやすくなります。しかし交感神経も重要な働きをしています。

体が温まる食材を

交感神経が優位になると、血管が収縮して心拍が上がり、血圧が上昇します。つまり、勉強したり仕事に精を出すには交感神経が優位である必要があります。一方、副交感神経が優位になると、血流がよくなり、胃腸なども活発になります。交感神経と副交感神経、この2つの働きがどちらも高い状態で、しかもバランスがとれていることが大事なのです。現代人は、あわただしい生活を送っているうえに、冬は体が冷えるため、交感神経の優位の時間が長すぎるのです。こうような環境の中では、体が温まる食材を積極的に摂り、腸内環境を整えることが大切です。腸内を整える食材として有名なヨーグルトには、腸内環境を整える働きがあります。そこに温め効果のある生姜と、食物繊維がたっぷりのドライフルーツを加えれば、さらに腸内環境が良くなり、冬太りの解消の手助けになります。

Copyright© 2016 腸内環境を整えて健やかなカラダづくり|体内浄化運動をしよう All Rights Reserved.